2006年09月29日

stay cool − カッコイイ英語表現(6)

[今回のストーリー]

アメリカからお手紙が届きました。

差出人を見ると、以前アメリカにホームステイしたときのホストマザーから。

ときどきこうやって、温かい手紙を送ってくれるんです。

辞書の手助けを少し借りつつ、なんとか読み終わったあなた。

ホストマザーは元気にしているようです。

早速、返事を書こうと思い立ちます。


最近は英語をあまり使っていないので、なかなか表現が出てきませんが、
和英辞書とGoogleの力を借りながら、英語を書いていきます。


2時間後、便箋3枚分のお手紙がようやく書き上がりました。


そして、最後に入れる締めの言葉はこれ。


"Stay cool!"
(それでは。)




[ひとこと]

手紙やメールの末尾に入れる言葉はいろいろありますよね。

Best wishes
Best regards
Sincerely
Yours
Take care

などなど。


今回ご紹介した Stay cool は、その中でもちょっと異彩を放つ表現です。


stay は「滞在する」ですが、つまり「〜のままでいる」こと。

そして cool は「かっこいい」。


つまり stay cool は

「カッコイイままでいてね。」

という言葉なんです。

#因みに、見た目に限りませんよ。
#雰囲気がカッコイイとか、考え方がカッコイイなど、いろいろ使えます。


この表現のポイントは

  「今、すでにカッコイイ」

という誉め言葉になっているところです。


「ここぞ!」という時に使ってみてください。




[おまけ]

ストーリー中にこういう箇所がありました。

>最近は英語をあまり使っていないので、なかなか表現が出てきませんが、
>和英辞書とGoogleの力を借りながら、英語を書いていきます。



え、Google の力を借りる!?


一体どういうこと!?




と思われたら、こちらをご覧下さい。

Goopusメソッド




[あとがき]

秋刀魚(さんま)が美味しい季節ですね。

スーパーでは100円前後で売っていますが、魚屋さんに行き、


  一匹 380円


という秋刀魚を購入してみました。(ちょっと贅沢に!)


スーパーのとは比べ物にならないほど脂が乗っていて、とても美味しかったです!

今度、自宅に人を呼んだときに出そうかな〜、なんて思ってます。


でも、380円の秋刀魚(さんま)を食べて、改めて思いました。

デフレとか言われてますが、やっぱり、安い食べ物は品質もそれなりだったり、
あとは食品添加物でごまかしてあったりということが多いのかな・・・


以前、ベストセラーになった「食品の裏側」のことを思い出しました。

↑食品添加物が悪者なのではなく、光と闇があるのです。
 うまく付き合うべきなのでしょう。
 ただし、無知なのは罪かもしれません。
step.png
posted by ロイ at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カッコイイ英語表現(6)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/27272112
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。